fc2ブログ

雪上がりの晴天で眩い雪原に

2023年01月30日
雪国暮らし 0
1-30 (20)

昨日も青空が出ましたが、午後から曇天になり夜の雪はチラチラ程度で予想ほど積もることなく凍てつく晴天の朝を迎えました。

昨日の晴天ではスキー場のバックヤードで雪崩事故に巻き込まれた方もいたようですが、下雪が固まった上にふんわりした新雪が積もるので、いつ表層雪崩が起きるのかと思える山肌となっています。

雪上がりの晴天は白銀の世界で、青い空とのコントラストがまばゆい輝きを放ち、次々撮ってしまう写真から選んでアップするのも迷います。

1-30 (33)

この晴天の冷え込みを見ると、昨日のお風呂掃除は雪が降っていて道が凍らず良かった!

あまり早いと凍っているので11時すぎに散歩に出ましたが、雲が広がり始め冷たい風に吹かれた薄曇り。
気になっていたカモシカの姿は見られませんでしたが、川石の上にカワガラスを見つけることが出来ました。
冷たくとも流れのある川ですから、水温の方が暖かいかも知れませんね。

そう言えば家の近くでジョウビタキも見かけたのですが、ピントを合わせる前に飛び立たれてしまいました、残念!

午後になってまた雪が降ってきたので、予報通りに本降りになるのかも知れませんが外出予定もないのでのんびりしています。

降ったり上がったりと1日の内でも変化がありますが、昨日の風呂掃除時には凍っていて剥がれなかった玄関前のマットですが、夕方入浴に向かった時傘で突いてみたら氷が解けて剥がれたので滑り落として雪払いが出来ました。

掃除当番の日と言う事もありますが、吹き込んだ雪がマットの上で固まって氷の塊になり滑って怖かったのできれいに出来てホッとしました。

雪国育ちでないだけに、いつまでたっても凍った道は苦手です・・



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シニアのシンプルライフへ






関連記事

気に入ったらシェア!

yumi3
この記事を書いた人: yumi3
65歳で自営業をリタイア。パート就活を始める予定がコロナ禍で中止。
田舎暮らしで専業主婦として過ごしながら、今出来る事に挑戦中です。

コメント0件

コメントはまだありません