fc2ブログ

突然の豪雨災害に、天気予報チェックは日常に

2022年08月09日
田舎暮らしで思う事 0
8-8 (61)

ようやく稲穂が実り始めてきましたが、最近田んぼのあちこちで稲刈りを終えた田を見かけます。
散歩コースにもこうして歯が抜けたかのように稲がかられ、近くの田を見ると稲穂が付いていないので、このエリアは飼料米という事になるのでしょうね。

唯一お米だけが国産で賄えるのに、コメ余りとなったりしていましたが、コロナ禍で一気に輸入に頼る厳しさに直面し、牛の餌などに使う飼料米作りが奨励されたそうで、国道沿いにも稲刈りを終えた田を見かけ始めています。

田植や稲刈りの時期の分散にもなり良い事なんだろうなと思いますが、最近の気象現象は猛暑と豪雨が繰り返す極端なものなので、こうして作付けの分散はあった方が良いのだろうと思います。

昨日は夕立が降りそうで降らずに夜を迎えましたが、8時過ぎてから雨音がして忽ち豪雨と言うほどの雷雨に変化、窓を閉めなくてはならず扇風機で凌ぎました。
幸い1時間ほどの夕立で済み、その後窓を開け放ち涼しい冷風で室内温度を下げられましたが、今朝は早々に強い日差しで猛暑が戻ってきました。

昨日以上に降りだしそうな黒い雲が広がっていますが、明日から雨予報もあり注意が必要・・
ニュースでは青森県で災害級の豪雨に降られ、川の水位が決壊ギリギリに映っていましたが、今週は雨予報が続くそうで、お盆に向かう中で気を緩められない状況のようです。

線状降水帯という言葉が日常になり、台風以外に水害が続く昨今。
いざと言う時には迷わず避難する必要があるようですし、コロナ感染と相まって心が休まらないお盆休みとなりそうですね・・・

どうぞお出かけになる方も天気予報に目を向けて、自然災害に巻き込まれないようお過ごしください。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ






関連記事

気に入ったらシェア!

yumi3
この記事を書いた人: yumi3
65歳で自営業をリタイア。パート就活を始める予定がコロナ感染で中止。
田舎暮らしで専業主婦として過ごしながら、今出来る事に挑戦中です。

コメント0件

コメントはまだありません